子供の日って何をするもの?子供の日を楽しく過ごす為の7つのヒント

子供の日って何をするもの?ベストな子供の日の過ごし方とは?!

子供の日って具体的に何をするものなんでしょうか?

イマイチ正しい過ごし方が分かりませんよね…。

でもせっかくの端午の節句という行事の日なんですから、
何か子供にしてあげたいもの!

ということで今回は、子供の日には何をするものなのか、
子供の日におすすめしたい過ごし方を解説します。

また、男の子がいない家庭での子供の日の過ごし方も合わせて紹介していきますね!

子供の日は何をすると良いの?楽しく過ごす為の7つのヒント!

子供の日には何をすると良いのか迷ってしまったら、
以下の7つのヒントをご紹介します。

①家族で記念写真を撮る
お子さんの成長記録も兼ねて、子供の日にはぜひ、家族みんなで集まって写真を撮るようにしても良いでしょう。

写真屋さんで撮ってもらうというのも良いですが、そこまでしなくても良いという場合には家の前やリビングなどで、家族写真を撮ると良いですよ。

子供の日なので、もちろんお子さんを中央前に立たせてお子さんが目立つように写真を撮っていきましょう。

毎年新しく写真を撮るようにしていけば、お子さんの成長がよーく分かるようになりますよ!

 

②お子さんが好きな料理を作ってホームパーティーをする
子供の日なので、お子さんが好きなメニューを作ってあげて、ちょっとしたホームパーティーをひらきましょう。

もちろん柏餅も忘れずに用意しておいてくださいね!

そうすればお子さんと楽しいひとときが過ごせるようになりますよ。

 

③離れて暮らす祖父母や親戚を呼んで食事会をする
祖父母が同居していないのでしたら、ぜひ子供の日には家にご招待して、やっぱりお家でパーティーをすると良いですね。

もしくはお子さんの叔父や叔母、従兄弟など、親戚の人も呼んで食事会をするのも良いですよ。

そうすればお子さんもとっても喜んでくれるし、楽しい子供の日になりますね。

 

④お子さんが行きたい場所にお出掛けする
子供の日はやっぱり休日なので、せっかくですから、お子さんのリクエストに応えて、行きたい場所に連れて行きましょう。

ただし、ちょうどゴールデンウィーク中なので、お出掛けする場合は早めに行くことをおすすめします!

 

⑤ピクニックをする
子供の日にはお天気が良いのでしたら、お弁当を持ってピクニックに行くのもアリ!

ずっと家にいるよりもお子さんも喜ぶので、割とおすすめな過ごし方ですよ。

 

⑥鯉のぼりを見に行く
集合住宅住まいで鯉のぼりが飾れないのでしたら、鯉のぼりを飾ってある場所に行ってみるのも良いでしょう。

やっぱり大きな鯉のぼりを見ると、お子さんも大喜びするので、鯉のぼりを飾ってある店や場所などを調べて、ぜひ鯉のぼりを見せてあげてくださいね!

 

⑦神社仏閣にお参りに行く
特に子供の日には神社仏閣にお参りに行かなければいけない、という決まりはありませんが、やっぱりお子さんの健やかな成長を祈るために地元の神社仏閣にお参りに行くのも良いことですよ。

お子さんと一緒に手を合わせて、これからも元気でいられますように、と祈るようにしてください。
そうすればより、今後のお子さんの成長も神様や仏様が見守ってくださるので安心できるでしょう。

 

以上が子供の日に何をするか悩んだ時の過ごし方です。
ぜひお子さんが喜ぶような過ごし方をして、楽しい子供の日にしてあげてくださいね!

子供の日は男の子がいない家庭でもお祝いしても良いもの?

子供の日は端午の節句といわれていて、基本的には男の子の成長を祝う日とされていますが、
もしご家庭に男の子がいなかったとしてもお祝いして問題なしですよ!

女の子だけのご家庭であっても、鯉のぼりを飾っても良いし柏餅を食べたって大丈夫なんです。

それに先ほど紹介したように、家族や親戚みんなでパーティーをしても良いので、男の子がいないとしても、ぜひ女の子の健やかな成長を祝ってあげましょう。

やっぱり『子供の日』ですからね!

男の子がいなくても女の子だけでも、たくさんお祝いしたり、楽しく過ごさせてあげると良いですよ。
もちろんリクエストした場所にお出掛けをしても良いし、祖父母の家に遊びに行っても良いもの。
ということで男の子がいない家庭であっても何をするか悩む必要はありません!

五月人形や鎧兜などを飾る必要がないだけで、基本的には楽しくお子さんを過ごさせてあげるべきなんです。
ちなみに私が子供の頃は、子供の日になると祖父母がお小遣いをくれたことがありました。
お子さんの性別に関係なく、子供の日は楽しく過ごしたりお祝いのパーティーをして良いもの。

女の子でも喜んでくれるような子供の日にしてあげてくださいね。
そうすればお子さんも良い思いで作りが出来るでしょう。

子供の日って、案外自由に過ごして大丈夫なんですね!
男の子がいなくても、子供の日はやっぱり子供たちは楽しみにしてるので十分に楽しませてあげると良いですよ!

子供の日は子供が喜ぶことをするのがベスト!
ということなので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

まとめ

子供の日は何をするか迷ったら、
家族写真を撮ったり、ホームパーティーをしたり、親戚を招待したり、お出掛けをしたりして、お子さんが楽しめるように過ごしましょう。

また、ご家庭に男の子がいなかったとしても、もちろん子供の日はお祝いしても問題ないですよ。

お子さんが楽しめることをする
というのが大前提なので、お子さんの希望通りになるべく過ごしていきましょう!