あなたは大丈夫?知らないと怖い!育児ストレスによる買い物依存

ストレス解消のはずが買い物依存に

ストレス解消が「買い物」ということは別に悪いことではありません

でも、それにのめり込むようになった時が要注意なんですよね。

私の経験談を踏まえながら
「ストレス解消」と「買い物」についてお伝えしたいと思います。

さて、
子育てはなにかとストレスがつきものですよね。
このストレスって目に見えないものなので、自分がどれくらいストレスが溜まっているか、
実際にイライラしてこないとその強さってわからないですよね。

だからこそ、イライラして爆発する前に上手にストレス解消したいもの。

そこで思いつくのが、

カラオケに行く。
友だちとご飯に行く。
ライブに行く
好きなことに没頭する。

いろんなストレス解消法があると思います。

でも、
子育てしながらなんですよね。。

家のことを何も考えずに気晴らしがしたい。
そう思っても、なかなかそんな時間や余裕がない。

家にいながらにして、ストレス解消する方法を見つけなければなりません

そこで、思い浮かびやすいのが

『買い物』

です。

ネット環境さえあれば、家にいながらにして、なんでも買えちゃいます。

ネットでお買い得品なんて見つけると。
ラッキーって感じで購入。
商品が届くのをドキドキしながら待つ。
写真で見るより随分いいじゃん!

「私ってお買い物上手」

なんて言いながら買い物していると、普段のイライラもすっとなくなるような感覚があります

自分の欲しいものもそうですが、
子育てに必要なもの、子供服なんかも買って、

通販で便利だな。
なんて思ているうちはいいんですが、

ストレス解消のための買い物に、どんどんのめり込んでしまうと怖いんですよね。

ネット通販て、カードやポイント、電子マネーで決済するので、
お財布からお金を出して買わないので、どうしても感覚が鈍ってしまう

思っていたよりも使ってしまったなんてこともあります。

次は気を付けなきゃと思っても。
また買ってしまう。

買うと、やっぱりストレス解消にもなるしスッキリする。

結局、繰り返してしまう

そして、いつしか
「依存症」になるという落とし穴があるのです。

そもそも依存って何?

依存症って?

依存症というとアルコール依存と言うのが思い浮かべやすいかと思いますが、
他にも薬物やギャンブル依存などもあります。

そして『買い物依存』というものもあります。

アルコール・薬物・タバコなどは物質への依存。
それに対してギャンブルや買い物は行為に対する依存と分類されます。

依存症はそもそも、
やめたくてもやめられない。

当事者の言葉を借りるとすれば

『やめなきゃいけないことは頭では痛いほどわかっている、でもそれに頼らないとどうしようもない』

と言ったところでしょうか。

子育てのストレスにより買い物依存に走ってしまう。
一時的にストレスは解消されます。
その瞬間本当に満たされるんですよね。

そしてまた子育てのストレスが発生し、そして買い物に走る。
この繰り返しで、悪循環に陥ってしまう方も多いのではないでしょうか?

はじめのうちは子育てがストレスの中心になっているかもしれませんが、
買い物依存によって金銭的にしんどくなることもありますし、
家の中が買い物の品で散乱して片づかないといったしんどさもあるかもしれません。

買い物に依存する自分自身への自己嫌悪で、
更にストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

子育てのストレスが第一原因ではあっても、
二次的な原因が買い物依存によって発生しストレスを強化。
それが負のサイクルに陥ってしまうわけです。

だれでも陥る買い物依存

「依存症」と言われるとピンとこない人も多いかもですね。

でも、

「プチ買い物依存」
「買い物依存予備群」

と言われると、
ちょっと私も当てはまるかも!
と感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

この依存症というのは「買い物」に限らずですが、
誰もが陥ってしまいやすいと言われています

自分は絶対に大丈夫と思っていても、わかりません。

なぜなら、依存症はその物質や行為そのものだけが原因ではなく、
依存に走ってしまうそもそもの原因があるからです。

子育てのストレスがそうです。

子育てってものすごく大変。
思っていた以上にしんどい時もあります。
想像以上に想定外の心理的負荷がかかった時に、自分は大丈夫と言い切れるでしょうか?

そんな負荷がかかった時に、気持ちを和らげてくれるものがあるとしたら、
それに頼ってしまうのも無理はありません。

しかし、依存症は病院で治療対象になるくらいなので放っておいたりしてはいけません。
のめり込む前にブレーキを踏まないといけない訳です。

私の買い物依存経験談

では、子育てストレスによる買い物依存はどうすればやめることが出来るのか?

先ほどもお伝えしたように『頭ではわかっているが、それでもそれに頼らざるをえない』訳です。
だからやめようとしやめれるわけではないんですよね。

この負のサイクルの歯車を崩すためにはどうすればいいんでしょうか?

ここから私の経験談をお伝えしたいと思います。

私が買い物にはまったのが、ちょうど育休中でした。

お昼間は子どもと二人きりで過ごしていていて、初めての子育てに悪戦苦闘。
旦那が仕事から帰ってきたら、旦那も子育てに一生懸命。そこはありがたい。

子どもはスクスク育って、夫婦で協力しながら子育てしていたわけです。

でもやっぱり子育てのストレスはたまる一方でした。

私と旦那の実家は共に遠方で、頼ったり、相談するにはちょっと距離が遠い環境だったんですよね。
つまり周りに協力してくれる人や気軽に相談できる人がいませんでした。

ストレスはたまる一方。
この子育てストレスをどう解消するべきか?って感じでした。

そんな時にテレビで美味しそうなスイーツの映像が。

めっちゃ食べたい!

どうしてもそれが欲しくなって、ネット注文。

わくわく!

届いたその日に自分へのご褒美として食べました。(もちろん旦那の分も買いましたよ!)

ネット通販便利て思っちゃったんです。

子育てしてる欲しいものがあってもなかなか買いに行くことができない
子育て用品も必要ですし。

そんな時にネット通販は本当に便利でした!
家にいながらにしてショッピングができる訳ですから。

子どもが寝ている時に、スマホでいろんな商品を検索
これがダメでした

その時一緒に休めばいいのに、買うことに必死になって通販サイトばかり眺めていました。
子どもが昼寝をしている束の間の休みを買い物で埋めてしまいさらに疲れがたまる。

はい、悪循環。

でも買い物してると気が紛れて、スッキリするんですよね。
頭ではわかってるんですが、やめられませんでした

そして買い物にのめり込んでいきました。

そんな私を止めたのが旦那でした。

そりゃそうです。一緒に暮らしてるわけですから、
請求書やらネットで注文した商品が増えるから、誰だってすぐにおかしな事になってるのは気がつきます

私以外は。。。

旦那は遠慮なく私に対して、
「買い物依存になってない?」
とストレートに指摘

ドキッ!
そう言われて「はっ!」となりました。

確かにヤバいのかも。
そう思ってから、ネット通販からできるだけ離れるようにしました。
依存になる手前だったんでしょうかね。
なんとかして、ネット通販に手が伸びないように我慢しました。

他にストレス解消できるようなことを探しました。
私の場合は絵を描くことが好きだったので、気晴らしに絵を描くようにしました

ストレス解消の方法を買い物から絵を描くことにシフト

また、電話で定期的に親と話すようにもしました。

きっと一人きりで子育てストレスを抱え込んでいたので
買い物にのめり込んでしまったのかもしれません。
(もちろん旦那も協力してくれますが、昼間は一人でしたから)

こうして、買い物依存から逃れることができた訳です。

押さえておきたい三つのポイント

子育てはストレスがつきもの。
だから必ずストレス解消は必要です。

買い物がダメという訳ではありません。
必要なものは買わないといけないですからね。

でも、買い物がストレス解消になっているとすれば、以下のことだけは押さえておくといいでしょう。

ポイントは三つ

①「買い物」は依存しやすくなる!ということを憶えておくこと

②必ず他にもストレス解消法を見つけておくこと

③相談できる人を作っておくこと(一人で抱え込まない)

です。

大変な事態に陥らないように、
上手にストレス解消しながら子育てしましょうね。