子育てでイライラしているあなたを救う5つの魔法の言葉はこれだ!

もう子育てでイライラしたくない!

雑誌やテレビ、外出先などで素敵に見える親子を目にすると、

「私もあんな風に子どもに接したいな」

と、理想を持つことは少なからずありますよね。

例えば子どもが、せっかく掃除をしたばかりの部屋を、ぐちゃぐちゃにいたずらをしたときや、ママ友たちと楽しんでいるときに駄々をこねたときなどに、「よしっ、落ち着いて優しく接してみよう!」と密かに自分と約束してみても、現実は甘くないものです。

少し穏やかに、「どうしたのかな?」と子どもに接してみても、我が子はこちらの気持ちなんてあっというまに蹴飛ばすかのように、「わーわー、ぎゃんぎゃん。」好き放題は当たり前に起きます。

理想と現実のギャップで、「こらっ!」なんてイライラが募ることは、子育ての悩みの中でも日常的にありすぎて問題としては埋もれていますが、実はとっても深い悩みですよね。

イライラは連鎖するもので、子育てのイライラをきっかけに、集中力を失ってしまい忘れ物をしてしまったり、うっかりテーブルの角に足の小指をぶつけてしまって「イタタタ。」と踏んだり蹴ったりなんてこともあります。

なので、自分のご機嫌を自分で上手に取ることは、本当に大切だと私も痛感しています。

「子育てのイライラを一刻も早く解消したい!」

お困りのあなたに、子育て中のイライラからあなたを救う5つの言葉をこの記事でご紹介したいと思います。

「誰か助けて!このイライラ」と思ったなら、是非ご参考にしてみて下さい。

子育てのイライラを解消する言葉5選

毎日ありとあらゆる場面で襲いかかってくる、子育て中のイライラを上手に解消するには、自分に優しい言葉をかける癖付けが大切です。

言葉① 人はみんな完璧じゃないよ、うまくできなくたって当然!
言葉② 自分だけじゃないよ、今度お友達と話して発散しようね!
言葉③ いつも頑張っている自分にも今度ご褒美してあげようね!
言葉④ ゆっくり一人の時間も欲しいよね!頑張っていて偉いよ!
言葉⑤ 大きくなったら自由な時間が山ほどくるよ!

子育て中のイライラというのは、手をかえ品をかえ、というようにいろんなパターンで起きます。

この場合にはこの対処法がいいなどと解決できる単純なことならいいのですが、悩みのパターンにきりがないのが現実です。

そこで一番忘れてはいけないのは、子育て中のママだって「一人の人間」で、素敵なオシャレもしたい「一人の女性」であるということです。

自分に優しい言葉をかけるということは、むなしいように思えるかもしれません。

ですが、いつも自分の頑張りを一番わかっているのは自分自身なのです。

夫や周りの人にねぎらいの言葉をかけてもらえたら少し心が温かくなるのと同様に、自分も自分に対して優しい言葉をかけ、心を暖めてあげるように意識することも大切です。

子育てのイライラを解消する言葉かけ5選は、実際に子育て中のママ達が自分のストレスを発散できた事柄のトップ5にそった言葉になっています。

言葉①人はみんな完璧じゃないよ、うまくできなくたって当然!

多くの子育て中のママ達が、
「全部思い通りにいくことなんて、まずない!」
「うまくできないことがあって当然でした!」
と言っています。

「もしかして、自分だけできないのでは?」と追い詰められる必要はなく、たまに言葉①を自分にかけてあげて、心を軽くするように心がけると、安心感によってイライラも軽くなります。

言葉②自分だけじゃないよ、今度お友達と話して発散しようね!

多くの子育て中のママ達は、友達と似たような子育て中の体験を共有して、ホッとしたり、アドバイスをもらえたりして乗り越えています。

今、イライラの真最中だとしても、言葉②によってあとで発散の場があるのだという風に、希望があることを思いだせてイライラも軽くなります。

言葉③いつも頑張っている自分にも今度ご褒美してあげようね!

多くの子育て中のママ達は、それぞれの好み(美容室や、インターネット、食事)のことをすることでストレスを発散してきています。

ついつい、頑張りすぎの自分へご褒美をあげ損ねている場合が多いので、自分をケアする意味でも言葉③をかけてあげると、気分転換を早く見つけるきっかけになります。

言葉④ゆっくり一人の時間も欲しいよね!頑張っていて偉いよ!

多くの子育て中のママ達は、一人の時間を定期的に持つことでストレス発散の効果を実感しています。

言葉④を自分にかけることで、意識的に一人の時間も必要だと感じることができ、ストレス発散の対策を行動に移すことができるようになります。

言葉⑤大きくなったら自由な時間が山ほどくるよ!

多くの子育て中のママ達は、将来のことに少しだけ目を向けることで前向きな気分になりストレスを発散できたと言っています。

イライラしていると、考える余裕がなかなか生まれませんが、言葉⑤を意識してかけることで、「今は辛いけれど明けない夜はない」といった感覚でストレスを感じながらも、かけがえのない時間だということに気づき、心が暖かくなります。

子育て中にイライラを呼ぶNG5選

では、子育て中にイライラを呼んでしまうNG5選をお伝えします。

NG① 自分を責める
NG② 苦手な時に無理して人と会う
NG③ 自分の感情を抑える
NG④ 寝不足をため込む
NG⑤ 正解を探す

NGなことにつて、①~⑤まで一つずつ説明いたします!

NG① 自分を責める

子育てしてきたママたちは口を揃えて、「思うようにはいかないことが連続して起きた」と言っています。

何をしても泣き止まなかったり、食べてくれなかったり、何に対しても嫌々といったり、懸命にお世話をしているからこそ、自分のやり方を責めがちになります。

子育てを頑張っていること自体がすでに、自分の素晴らしい頑張りなのですから、そこを認めて責めないことがまず大事ということを、あらかじめ知っておくことが大切です。

 

NG② 苦手な時に無理して人と会う

ストレス発散では、お友達と話すことが効果的だと説明をしましたが、自分が人と会うことでついつい比較や不安に思う面がある場合は、無理して人に会う必要はありません。

子供のために、頑張ってママ友を作らなければと必死になることも無理は禁物として、自分に優しくいましょう。

 

NG③ 自分の感情を抑える

「ママは大人だからしっかりしなければいけない。」という思いから、感情を抑えてしまうことがありますが、子供に自分が悲しい気持ちや、寂しい気持ちがあるときには正直に伝えることも悪くないと育児の専門家も言っています。

子供に、自分の感情を伝えることで、自分自身の感情にも気づけるようになります。

 

NG④ 寝不足をため込む

どうしても、夜泣き時期には寝不足はたまりますが、寝た後のすっきりとした気分は寝不足のときと全然違いますので、家事を少しサボっても自分を責めずに睡眠時間もとれるように意識しましょう。

 

NG⑤ 正解を探す

子育てはなかなか自分の思い通りというわけには全然ならず、ついつい「何をすればよいのだろう?」「うまくいくための正解は?」とジレンマにおちいりやすくなります。

子育て中は、正解探しをするのではなく、子供と一緒に親も成長過程だと思って、試行錯誤と思い出作りの場としておおらかな気持ちで「どーん」と構えて過ごすようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子育てのイライラの原因については、バリエーションが多いためにそれぞれの対処法を提案するのではなく、自分への声かけの効果を提案したのですが、ここでは「そうなのか。」と思ってみることが大切です。

声かけ5選を実践する際は、くれぐれも無理をしないでやってみてください。

とにかく、自分に優しくがキーワードです。

イライラしたときに、自分に優しい言葉を一つかけられただけで、今日は100点満点というように、ハードルを低くしておくのがコツです。

理想の子育てをしているように見える人が近くにもしいたとしても、実はその人だって家の中ではそれぞれの悩みや困りごとにぶつかって試行錯誤しながらいます。

自分だけ、不器用で、うまくいかないのでは決してないので、イライラが止まらなくなったときに是非この記事を参考にしていただけたらと思います。