貯蓄1000万円女子のリアルマネー生活!実践してる7つの貯蓄術とは!?

「貯蓄1000万円!」
なんて聞いてしまうと、気が遠くなってしまうかもしれませんね。
でも、正直な所、貯蓄1000万円あったら良いと思いませんか?

この記事では、20代~30代の貯蓄1000万円を達成した女子のリアルマネー生活について調べてみました!

貯蓄1000万円に成功している女子は実際にいます。目標を達成した女子のリアルな貯蓄術を真似して、貯蓄1000万円を目指しましょう!!

貯蓄1000万円女子が実践している7つの貯蓄術

貯蓄1000万円を達成したいなら、実際に貯蓄1000万円を達成した女子のリアルマネー生活を真似するのがいちばんです。
では、いったいどのような生活習慣を送っているのでしょうか?上手に貯蓄している女子から聞いた生活する上で大切にしたい7つの貯蓄術についてお伝えしたいと思います。

①お金の流れを把握している

お金を貯める上で、大切なことはお金の流れを把握することだそうです。
あなたは月々の生活の中で、どの位支出があるのか把握していますか?
その中に、ムダな支出はありませんか?
ムダを省くことで、月々の支出は減りますね。
家計簿を付けるのは面倒かもしれません。
家計簿アプリなどのツールを使って月々の家計を管理すると一目でお金の流れが把握できます。
まずは、自分がどんな物にどれだけの金額を使っているのか把握することが大切です。

②貯めている女子は計画を立てている

「1000万円貯めよう!」と急に大きな金額を設定しても、お金はなかなか貯まらないようです。なぜなら、目標が見えにくいから。
上手に貯めている女子は、目標や計画をきちんと立てているようです。
「キャリアアップに為の習い事までに○○円」
「子供の入園までに○○円」
など、明確な目標を決めることでお金を貯める意識も高まります。

③先取り貯蓄は基本

貯めている女子は、先取り貯蓄が基本です。
給料天引きなど、自動的に貯蓄できるシステムを使っているようです。
残ったら貯蓄するのではなく先取り貯蓄をして、残ったお金でやりくりをする習慣を身に付けています。

④貯蓄のアンテナを張る

ただ、貯蓄するのではなく、常に貯蓄に関する情報に関心を持っているようです。
普通預金や定期預金の金利、ボーナスの頃の銀行のキャンペーンなど少しでもお得な情報に常にアンテナを張っています。
これも、上手にお金を増やすコツですね。

⑤暮らしがシンプル

貯めている多くの女子に共通しているのがシンプルな生活をしていることです。
ムダな物がなく、スッキリとしているんですね。
自分にとって必要な物が、きちんとわかっているからこそ暮らしもシンプルなんですね。
そして、財布の中もスッキリ。「小銭やレシートでグチャグチャ」なんてこともありません。
使うカードも限定されていて、お金の流れを常に把握しています。
整理整頓が上手なのも貯めている女子ならでは。

反対に、暮らしぶりが整っていない人は貯蓄することも難しいそうです。
まずは、暮らしから整えてみると良いですね。

⑥お金の使い方を知っている

貯めている女子は、お金の使い方も知っています。
貯蓄1000万円のためにお金を全く使わない訳ではありません。
時には、大きな金額を使うこともあります。
ここで、大切なのが「本当に必要な物なのか?」ということです。
何か物を購入する時には、よく吟味して、納得した上で購入することがポイントです!!
自分にとって、必要の物がきちんと分かっていれば、ムダな支出も減らすことができますね。
貯めている女子は、メリハリのあるお金の使い方をしていると言えますね。

⑦リスクの少ない増やし方をしている

貯蓄1000万円を達成している女子は、投資で上手にお金を増やしているようです。
投資は、お金が減ってしまうリスクもあります。
でも、貯めている女子は資金をある程度貯めた上で投資をしているんですね。
生活費の中から、投資をするのは生活が回らなくなってしまう危険があるのでおススメできません。
貯蓄額がある程度、余裕が持てるようになってから、そのお金の中で投資に回していくのがリスクの少ないお金の増やし方なんですね。
また、投資では、利益を求めるのではなくコツコツと長いスパンで増やしていく
ことが失敗しないコツです。

スポンサーリンク


お金を貯めるって難しいの?20~30代女子の貯金事情

あなたの貯蓄はいくらですか?
その貯蓄額で、安心ですか?
この記事を読んでいるということは、少なからず将来の貯蓄に不安があるのかもしれませんね。
女子のリアル貯蓄額も気になりますよね。

20代~30代の女子のリアル貯蓄額を調べてみました!!

1位 なし(19%)
2位 51~100万円(14%)
   101~300万円(14%)
3位 11~30万円(12%)
4位 5~10万円(15%)
5位 1000万円以上(10%)
6位 300~500万円(7%)
7位 31~50万円(6%)
8位 500~1000万円(3%)

このような結果になっています。
どうですか?貯蓄0円の女子もけっこう居ることがわかりますね。

「良かった!」なんて安心してはいけませんよ!
実は、貯蓄1000万円以上の女子もけっこう居るということです。
貯蓄額が51~300万円の女子も上位に入っているのも気になりますね。
50万円以上あれば、自分が働けなくなったなど何かあった時でも、少しの間は貯蓄で生活することができますね。

このように、ある程度生活が可能な額を貯蓄している女子が多いということがわかります。
貯蓄1000万円までは届かないものの、コツコツ貯めている様子が伝わってきますよね。

お金の話は、なかなか聞きづらい内容です。
でも、貯蓄額からみると「お金を貯めることに意識の高い女子が多い」ということが言えますね。

スポンサーリンク



実際に貯めたお金をみんな何に使ってるの?

20代の単身世帯の半分は貯金額が150万円以下と言われています。逆を言うと、半数はそれ以上の額の貯金があるということ。
150万円という数字が貯金額の一つの指標になる金額と言えそうですね。

決して、貯金額が多いから良い、少ないから悪いという訳ではありません。自分が稼いだお金を今その時に使うのか、将来使うのかの違いでしかありません。
ただ、人生は何が起こるかわかりません。突然の出費が必要なこともあるでしょう。そんな時のために備えを用意しておくことで安心ですよね。

つまり、もしもの時の安心のために貯金はしておいた方がいいのかもしれませんね。

では、実際そのもしもって何?
20代~30代女子の貯金の使い道にはどのようなものがあるのでしょうか?

「病気やケガなど不時の災いに備えて」
「結婚資金のため」
「住宅資金のため」
「旅行やレジャー目的のため」
「趣味や好きなこと、欲しいものを買うため」
「何となく将来のため」

といった目的で貯金している女子が多いようです。
確かにどの項目も高額な費用が掛かりそうですね。
いざ必要になっても、すぐに用意できる金額ではないので、やはりコツコツ貯金しておくことは安心に繋がりそうですね。

スポンサーリンク


まとめ

如何でしたか?
貯蓄は必ずしなければいけないものではありません。お金の価値観はそれぞれ人により違います。しかし貯蓄することで生活への安心感やもしもの時の備えになることは確かです。生活をする上で無理のない範囲であれば貯蓄をしておくこともアリかと思います。

そして「頑張って貯蓄する!!」と思った方は、是非目標を立てて取り組んでみては如何でしょうか。

さらに、1000万円貯めてみよう!と思ったなら、この記事を参考にしながら是非チャレンジしてみて下さい。
この記事でお伝えした7つの貯蓄術を元に取り組めば、生活やお金に対しての考え方も変わるはずです。

無理なく、日々楽しく生活しながら目標額を目指して頑張って下さいね!

スポンサーリンク