まとめてみた!子育て世帯の共働きと専業主婦のメリット・デメリット

はじめに

共働きだと子供がかわいそう…
専業主婦は理解されない…
収入が欲しい
外に出たい

共働きでも専業主婦でもメリットと
デメリットがあります。
どちらがいい!
なんて、
そんなの、人それぞれです。

そこで!!
これから子育てをしながらどちらを選ぶか?そのメリットとデメリットをお話していきたいと思います。

専業主婦のメリット

・家事に専念できる
掃除・洗濯・料理…
家事は言い出したらきりがありません。
名前のない家事、というのもあるくらいですから。
もし、子供を預けているならその間に家事に専念できます。
なんならプロを目指せるほどの実力をつけてもいいかもしれませんね(笑)!

・子育てに専念できる
保育園等に預けている場合、行事等に積極的に参加できます。
お子さんにキャラ弁も作ってあげられる時間も持てるかもしれませんね。
定期的な予防接種にも都合がつけやすいです。
預けてない場合、お子さんと遊んであげたり、自分なりの子育てを楽しめるいい機会になりますね。

・時間に都合がつけやすい
前も言いましたが、お子さんとの時間を楽しんだり、家事の時間配分もしやすいです。
子育ての合間の休息も取りやすいですね。
ママ友との交流やランチ会も予定も立てやすいです。
旅行やお出かけも相手の都合で動けるので、その件で揉めることは少ないと思いますね。

専業主婦のデメリット

・暇だと思われる
共働きの方や身内の方に「暇なんでしょ」と、言われがちです。
家事や育児に忙しい時に言われるのはショックですよね。
頼まれごとを押し付けられることもしばしば…
心無い言葉を言われがちで精神的に疲れます。

・嫁姑問題
同居をしていて姑も専業主婦の場合、ほぼ一日姑と過ごすことになります
姑との関係が良好ならばいいのですがそうでなければ、ただただ苦痛です。
旦那が味方になってくれない家庭は、こと更居づらくなります。
きちんと家事の分分担や育児について話し合っておく必要がありますね。

・保育園・幼稚園に入りづらい
仕事をしていないとなると入園審査の優先順位が低くなります。
やはり、仕事をしている人のほうが通りやすい傾向にあるようです。
特に人気のある保育園・幼稚園はそうなりがちです。
待機児童になりやすくなります。
特に同居をしていればなおさらです。
預けるかどうかは必要に応じて考える必要があるようですね。

共働きのメリット

・収入が増える
収入が増えれば、お子さんにかけてあげられるお金もできます。
誕生日やクリスマス・お正月…自分が頑張ったもので子供の笑顔を見れば日頃の疲れも吹っ飛びますね。
給料日が仕事のモチベーションにもなりますね。

・子育てのストレスを発散できる
一日中子育てと家のことを考えるのは疲れますね。
仕事で体を動かしたり、他のことを考えたり。
同僚や仕事仲間など子供関係以外の人脈も広がるいい機会になりますね。
日頃のストレスを仕事の力に変えてもいいかもしれませんね(笑)

・相談相手が増える
仕事場にはいろいろな年齢の人たちがいます。
同じ子育て世代、子育て経験者、これから子育てするひと…様々です。
困ったときや悩んだときは情報が多いほうが何かといい時もあります。
見聞を広げるのもいいですね。
休憩も適度に取れていいかもしれませんね。

共働きのデメリット

・時間に融通が利かない
職場によっては子育てに理解がある企業があります。
ですが、専業主婦に比べれば時間に融通が利きません
子供が熱などで休みが続けば企業が寛大でも何となく申し訳ない気持ちになりますよね。
PTAの集まりなどにも参加できないなんてこともしばしば…
理解してくれる環境が大切になってきますね。

・子供との時間が減る
仕事をしている分、子供を預けている時間が増えます。
子供を迎えに行ってからの家事になりがちです。
特に旦那が家事を手助けをしてくれない場合なおさら子供との時間は限られてくると思います。
家事の合間やお風呂、寝かしつけ等少しの隙間時間に質の良いコミュニケーションを取ることが大事になりますね。

・金銭問題
仕事をしていれば二人に収入があります。
お互いがお互いの給料に頼っていれば問題が出てきます。
生活費や子供にかかるお金で揉める家庭も少なくないです。
二人で稼いだお金は家族みんなのお金という認識で助け合わなければなりません。
働く前によく話し合っておきましょう。

問題が起こらないために!!

専業主婦でも共働きでもまずは話し合いが大事です。
家族でよく話し合い、どちらがいいかを考えましょう。

理解はしてくれるか?
家事育児に協力してくれるか?
保育園等預けるあてについて?

夫婦の協力はもちろん、同居家族の同意を獲得できれば何よりも力強いですね。

まとめ

いかがでしたか?

専業主婦でも共働きでも、メリット・デメリットはあります。
メリットだけ考えて行動しても後から失敗しても大変です。
デメリットだけ考えても卑屈になるだけです。

前述したように話し合いが大事です。
よく話し合い、メリット・デメリットを考えて、楽しく、程よく子育てをしてほしいです。

悩んだ時には是非この記事を参考にしてもらえたらと思います。