子供の寝室を別にするのはいつから?ズバリ小学生になった時がベスト

子供の寝室を別にするのはいつがベストなタイミング?

子供の寝室を別にして一人で寝させるのは、
一体いつからが良いんでしょうか?

小学校に入学した頃からか、
それとももっと早い時期に寝室を別にするべきか、
かなり迷ってしまうところ。

でも子供の成長のためにも、
寝室を別にするのはいつからか、
しっかり時期を見極めていきましょう!

今回はそこで、子供の寝室を別にするのは、
いつからが良いのかを解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

子供の寝室を別にするのに最適な時期は小学生になった時!

子供の寝室を別にするのはいつからが良いかというと、
ズバリ小学校に上がる時期です!

要するに、幼稚園もしくは保育園を卒園して、
小学生になるという時期こそが、寝室を別にするのに、
とっても適しているタイミングなんですよ。

というのも、小学校に上がるというきっかけを作ることで、
子供自身も『自分はもう成長したから、一人で寝るべきなんだ』と、
精神的にも成長をしたという自覚を持てるようになります。

また、小学校に上がる年齢になれば、自分一人だけの部屋を持つ
つまり自分だけの空間を持てるということに喜びを感じる子も多いでしょう。

だからこそ、小学生に上がるというタイミングこそが、
子供の寝室を別にするのに最適なんですね。

私の子供の頃もやっぱり、小学生に上がる頃には、
親と寝室が別に自然となっていきましたよ。

ということでぜひ、子供の寝室は一体いつから別にすべきか、
迷ってしまったら、小学生になるという時期が狙い目です。

でもここで悩むのが別にした寝室で、
一人でスムーズに眠ってほしいところ。

そのために、幼稚園や保育園に通っている頃から、
『小学生になったら一人のお部屋で寝れるようになろうね』
と、子供に言い聞かせておくと良いですよ。

いきなり子供の寝室を別にして、
今日から一人で寝る、
というのはやっぱり子供も戸惑ってしまうし、
絶対に嫌がるでしょうから、前々から一人で寝る話をしておきましょう。

そうすれば子供も心構えが出来て、
いざ一人で寝ることになったとしても、
問題なくスムーズに一人の部屋で眠れるようになりますよ!

子供のためにも、寝室を別にすることは、
きちんと話しておいて、出来れば実際に1人で寝る時期になる前にも、
寝室になる部屋で、一人で遊ばせるなど、慣れさせておくと良いですね

そうすれば、一人で寝るのを嫌がったりすることを避けられるでしょう。

子供の寝室を別にした際に一人でも眠れるようにする7つの工夫!

子供の寝室を別にした際に、
寂しい思いをせずに一人でちゃんと眠れるようにする工夫を紹介します!

・ベッドを買ってあげる
子供には布団を敷いて寝かせるのではなく、
ベッドを買ってあげることで、そこに寝る、
という楽しみが生まれます。

ですからぜひ、子供が一人で寝たくなるようなベッドを買ってあげたり、
布団カバーやシーツを好きな色柄にしてあげると良いでしょう!

・カーテンやカーペットやラグなどを好きな色柄にしてあげる
カーテンやカーペット、もしくはラグなどを、
子供が喜ぶような色柄にしてあげましょう。

するとそれだけでも子供はテンションが上がるので、
一人で部屋で過ごすことになっても、寂しさを感じにくいですよ!

ちなみに私も一人だけの部屋になった時、
祖父がかわいい絵柄のカーペットを買ってくれたことがありましたよ!

・大きめのぬいぐるみを買ってあげる
一人で眠る時も寂しくないように、
大きめのぬいぐるみを買ってあげるのもおすすめ。

そうすれば子供はぬいぐるみに抱き付いて寝ることが出来るので、
とっても安心感を得られます。

・寝室を別にしたら数日間はドアを開けたままにしておく
シーンとした部屋で寝るのが心細いようでしたら、
寝室を別にしたら慣れるまでの間の数日間は、
寝室のドアを開けて眠らせましょう。

そうすれば親御さんがまだ起きている場合、
その物音や話し声が聞こえるので、
心細い思いをしにくくなりますよ。

・電気を完全に消さない
電気を完全に消して真っ暗にすると、
やっぱり一人ではまだ心細いと感じやすいため、
明かりを少しだけ点けておいてあげましょう。

学習机に電気スタンドを置いて、それを点けておく、
というのもおすすめの方法ですよ。

・慣れるまでは寝付くまで親御さんがそばにいてあげる
どうしても一人では眠れない、という場合は、
一人で寝るのに慣れるまでは、子供が寝るまで、
親御さんがそばにいてあげると良いでしょう。

そうすれば安心して子供も寝室が別でも眠れるようになりますよ。

・寂しくなったらいつでもママパパの寝室に来ていいからと言ってあげる
『どうしても寂しくなって眠れなくなったらママパパの寝室に着ていいから』と、
言ってあげるだけで、子供の気持ちはうんと安心するようになりますよ。

ぜひ子供の寝室を別にし始めたら、子供を安心させるような言葉をかけて、
リラックスできるようにしてあげましょう。

以上が子供の寝室を別にした際に、子供が一人で寂しくないように、
一人でもすんなりと眠れるようにするための工夫です。

子供が自分だけの寝室できちんと眠れるように、
親御さんはこれらの工夫をしていって、
子供を安心させてあげると良いでしょう。

また、子供が喜ぶ部屋にすれば、子供もそこで一人で寝やすいので、
寝やすい部屋作りをすることも大事だということを覚えておいてください。

まとめ

子供の寝室を別にするのはいつからがベストかというと、
やっぱり小学校に上がる時ですね。

前々から子供には小学生になったら一人で寝ること、
と言い聞かせておけば子供自身も、
小学生になったら一人で寝る、
という気持ちを持つようになります。

また、ベッドを買ってあげたり子供が喜びそうなカーテンやカーペットなどで、
一人でいても寂しくない部屋作りをしていけば、
より一人でも眠りやすくなりますよ!

ぜひ参考にして、子供の寝室を別にしていきましょう!