子供に絵本をいつから読ませるといいの?その効果や理由とは?!

子供に絵本はいつから読ませるといいの?

赤ちゃんが生まれると、いろいろなことが気になってしまいますよね。

絵本の読み聞かせが子供に良いと聞いたことがあっても、いつから読み聞かせをしたらいいのか?
どんな本を選んだらいいのか?
どんなタイミングで読んだらいいのか?

わからないことがたくさんでてきます。

生まれたばかりの赤ちゃんに絵本を読んでも楽しんでいるのか、分からないですよね。

私自身、「絵本を読むことの良さ」を知って、比較的早い時期から絵本に親しめるようにしてきました。

子供が小学生になった今、小さい頃から絵本を読んできて良かったなと感じることがあります。

今回は子供にいつから本を読ませるといいかについてご紹介していきます。

0歳から絵本は楽しめる!ママが読んでみたい時が始め時!

生まれたばかりの赤ちゃんは絵本を読んでも、あまり反応がないので「聞いているのかな?」
と思ってしまいますが、絵本を読み聞かせるのに早すぎるということはありません。

「胎教」という言葉があるように、ママのお腹の中にいるときから赤ちゃんには聴力があります。

0歳の赤ちゃんでも楽しめるような、音やリズムが楽しい絵本なら反応がなくてもしっかりと聞いて楽しんでいるのです。

生後3か月を過ぎたころから、絵本を読むのに合わせて手足を動かすようになっていき、成長とともに、絵本をじっと見るようになったり、声を出すようになったり、指をさすようになっていきます。

2歳くらいになると、ママと同じように言葉をマネしたり、1人で絵本を読むようにもなっていきます。

赤ちゃんのころから読んでいる本があると、1冊の絵本から子供の成長を感じられる楽しさもあるのです。

でも赤ちゃんが生まれたばかりの頃は、ママに絵本を読む余裕がないこともありますよね。

「赤ちゃんに絵本を読まなきゃ」と思ってしまうと、ママの負担になってしまうでしょう。

無理はせず、赤ちゃんとの生活に慣れて絵本を読む余裕が持てたときや、赤ちゃんに絵本を読んでみたいなと思ったときに、読み聞かせをはじめるといいと思います。

絵本を読み聞かせるのに、早すぎることもなければ、遅すぎることもありません。

絵本に興味を示さなくても「うちの子は絵本に興味がない」と諦めず、子供と一緒に本屋さんや、図書館に行ってみることからはじめてみましょう。

どんなジャンルの本でも、「本を読むことが楽しい」と思うきっかけになったらいいですよね。

絵本を読む時間は、一日の中で親子がゆったりと過ごせる時間でもあると思うのです。

我が家では、寝る前の30分に子供が選んだ本を読むことが習慣となっているのですが、忙しくて子供と一緒に遊んであげられなくても、絵本を読む時間があることがいいなと思っています。

赤ちゃんの頃から絵本が身近にあって良かったこと

 

我が家の場合、0歳の頃から赤ちゃんと一緒に絵本を楽しんできました。

「絵本を読ませなきゃ」という思いではなく、赤ちゃんがオモチャで遊ぶように、赤ちゃんとの時間を過ごすツールとして絵本を取り入れていたのですが、絵本が身近にあって良かったなと思うことがたくさんあります。

赤ちゃんの頃は絵本に反応する姿が面白かったり、喜んでいる姿が嬉しかったのですが、子供の能力にビックリさせられることもありました。

子供が2歳半くらいの頃、生まれて数か月の下の子に絵本を読んであげていたのです。
もちろん文字は読めませんが、繰り返し読んでいたので覚えていたのでしょう。

私が家事をしている間、赤ちゃんの側で絵本を読んでいた姿はとても印象的でした。

絵本を読んできた子供と、そうでない子の差が分かってくるのが小学校に入ってからでしょう。

本を読むことに慣れ親しんでいた我が子は、国語の教科書を読むことに「大変」と感じたことがありませんでしたが、
お友達の中には音読が苦手で大変…と悩んでいるママも多くいます。

また、学校で日記を書くときにも、文章を考える力が自然と身についていたようで、学校の先生に褒められたこともあります。

特に学習に力を入れていたわけではありませんが、絵本を読んできたことで自然と文章能力が身についていたように思います。

また、自分で物語を作ることも好きなようで、オリジナルの絵本を作ることを「遊び」として楽しんでいました。

「本は読みなさい」と言って読ませるものではなく「読みたい」と思って読むからこそ自然に学習できるものなのでしょう。

我が家では、リビングと寝室に本棚を置いていて、好きな時に好きな本が選びやすいようにしています。

子供の目の届くところに絵本があるだけでも、「読んでみたい」という気持ちになると思うので、絵本が身近な物になるようにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

絵本は0歳から楽しむことができますが、ママの負担になってしまっては赤ちゃんと一緒に絵本を楽しむことができません。

無理はせず、ママに余裕が持てたときや絵本を読んであげたいなと思ったときから読み聞かせをはじめてみましょう。

絵本は楽しみながら自然にいろいろなことを知ることができものなので、小さい頃から絵本が身近なものになるといいと思います。