【結論】赤ちゃんのハイハイマットは絶対敷くべき!結論までの失敗エピソードを紹介

はじめに
私が2人暮らしの時はラグもマットも掃除するのに面倒だからと敷かずに過ごしていました。
しかし、子どもが生まれハイハイするようになった時に、万が一のケガ防止に役立てようと床に何か敷物を考えないといけないと思いました。
色々試してみた結果、最終的にはクッション性のあるハイハイマットを敷くことにしました。
ジョイントマットやラグを利用していた時期もあったのですが、どうもしっくりこなくて。
失敗でした・・・。
私が結局ハイハイマットに行きついた理由を失敗エピソードを含めてご紹介したいと思います。

フローリングのままをやめた理由・・・

子どもが生まれてからもずっとフローリングのままで過ごしていました。
スリッパで移動するし、掃除も楽だしもとより何も敷いていなかった為、そのまま生活していました。
しかし、子どもが寝返りをするようになり、きっかけとなることが起こりました。
寝返りの勢いがつきすぎてフローリングに頭をぶつけてしまったのです。
これではいけないと思い、はじめは部分的にジョイントマットを敷くことにしました。
フローリングのすべてが悪いわけではないですが、硬くてケガにつながりやすいかと判断しての対応でした。

ジョイントマットを部分的に使ってみた結果・・・

初めは9枚のジョイントマットを繋げ正方形にして、そこを赤ちゃんの活動スペースにしました。
寝返りをしても問題なかったのですが、ずり這いやハイハイをし始める頃には意味がなくなりました。
フローリングをハイハイする赤ちゃんを見て、冬だった事もあり寒そうだったので、今度は間に合わせでラグを使うことにしました。
床暖を利用している方は、フローリングの上を赤ちゃんがハイハイしても寒くないと思います。
でも、ハイハイするのに硬い床だと痛くないのか気になることもありますよね。
私は、もし赤ちゃんが痛がっていたら嫌だなと思い、色々と考えていました。
もちろんジョイントマットを部屋中に敷き詰める事も考えました。
ただ、敷き詰めた後剥がして掃除するのは大変そうだし、今ある家具の下まで敷くのも難しいし、何より作業している間、赤ちゃんの面倒を見れる人がいなかったため結局諦めました。

もし、これを見てる人のなかにまだ赤ちゃんが産まれる前の方がいらっしゃれば、ご家族と相談しておくのもいいと思います。
私は子育てが初めてで、赤ちゃんがこんなに活発に動くと思っておらず、準備をしていませんでした。
赤ちゃんが産まれてから用意をするのは効率が悪いと感じています。
まだ相談してないようであれば、ぜひ話してみてください。

ラグ(毛が長いタイプ)を敷いてみた結果・・・

間に合わせで数日の間はラグを使っていました。
毛が長いタイプだった為、赤ちゃんの成長度的にも相性が悪かったようです。
ハイハイし始めの頃、赤ちゃんは勢い余って顔面を床につけてしまうことが多くあります。
その為、ラグの毛が口に入ってしまうことが多く、何度見ても口元に糸くずがついていました。
また、きちんと掃除機をかけていても、ラグの毛の間に入った細かいゴミが取り切れておらず、赤ちゃんの手にはいつも以上にゴミが握られていました。
そして、赤ちゃんが吐き戻した時が本当に大変でした。
気づきにくいし、拭き取りにくいし、拭いても湿っていて乾くまで気持ち悪い状態でした。
1人で歩けるようになった子どもであれば、長い毛のラグでも問題ないと思います。
ただ、食事する部屋と普段過ごす部屋が同じであれば、食べこぼしが多いので、長い毛のラグではなく短めのにすると掃除も楽だし、ママやパパの負担も減ると思います。

ハイハイマット(現在も利用中)に落ち着く。やっぱりコレ!

最終的にたどり着いたのが赤ちゃん用品を売っている専門店で購入した2畳分のマットです。
掃除もしやすく、ケガ防止にも役立っています。
ハイハイ期もすぎつかまり立ちをする頃、赤ちゃんがバランスを崩して転んでしまうことがあります。
後頭部やこめかみあたりをぶつける事もありました。
購入したマットはクッション性があり、赤ちゃんの急な転倒も大きな怪我には至りませんでした。
一度だけマットを敷いてない部屋で転倒してしまったのですが、フローリングに直接頭を打ったため、ゴンっと痛そうな音が聞こえて、大きなたんこぶができてしまいました。
改めて、マットを買っておいてよかったと思う出来事でした。

また、離乳食が進むと食べこぼしが多くなります。
毎食後の片付けが大変です。
マットに変えていたおかげで、掃除は楽でした。
また、コップ飲みも練習させていたのですが、こぼしても撥水性があったおかげですぐに拭き取れば染みたりもせず本当に助かりました。
あのままラグを使っていたら苦労が倍になっていたと思います。

まとめ

赤ちゃんと暮らすようになり、足元が冷えないか、転んだら痛くないか、何かこぼしてしまったら掃除は簡単に済みそうかなど気にすることが増えていきました。
ジョイントマットを使うか、ラグを使うか考えている方も多くいると思います。
そんな悩んでるパパやママの参考に少しでも貢献できればと思います。