抱っこ紐VSベビーカー、賢い使い分けで赤ちゃんとママの負担を軽減

まずは結論から!

抱っこ紐は近所の買い物に最適!
両手が空くので買い物かごも持てちゃいます。
何よりママの鼓動を聴きながら、ママに包まれて赤ちゃんも安心!
でもママの背中・腰・首・肩とあらゆるとこに負荷がかかってしまうのが難点。

ベビーカーは長距離移動に最適
ママの負担も少なく、手荷物をかけることもできます。
赤ちゃんもベビーカーの揺れでゆっくり眠ることもできます。
でも、段差や階段・狭い路地が難所となり、エレベーターを探さなきゃいけないのが難点。

抱っこ紐とベビーカーを賢く使い分けて負担を軽減

出産して少しずつ育児にも慣れてきた頃、平日の日中などに赤ちゃんと二人でお出かけすることも増えてくると思います。

しかし、赤ちゃんを連れてお出かけするのは、周りから見ている以上に大変なことで、お買いもの一つでも相当苦戦すると思います。

実際、私も息子と二人でお出かけするようになって約半年程経ち、ようやく少し慣れてきましたが、最初は本当にアタフタし、近くのコンビニに行くだけでもとても疲れ果てていました。

赤ちゃんとのお出かけと言えば、抱っこ紐かベビーカーの二択が多いと思います。

それでは、実際に赤ちゃんにとって、またママにとって、抱っこ紐とベビーカーのどちらがより安全に、負担が少なくお出かけができるのでしょうか。

抱っこ紐とベビーカー、それぞれのメリット・デメリットを知れば、賢い使い分けの方法が見えてきます。
今回この記事ではそれぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。

抱っこ紐のメリットとデメリットとは?

実際にどちらも利用していてわかるのは、どちらも本当に便利で、その分それぞれにメリットとデメリットがあるということです。

それではまず、抱っこ紐について考えてみましょう

抱っこ紐は基本的に赤ちゃんとの距離が近く、ママの両手が空くため、買い物カゴやカートなどを自由に使うことができます。

また、狭い通路であってもぶつける心配なく通ることができます。

ママの顔がすぐ近くに見え、ママの鼓動が近くから聞こえることもあり安心できるのか、抱っこ紐が好きな赤ちゃんも多く、ご機嫌でいてくれたり、スーッと寝てくれたりするのも、お出かけ中のママにとってはとても大きなメリットだと思います。

その分、抱っこ紐は赤ちゃんの体重をすべてママが支えることになるため、身体への負担が大きいというのが大きなデメリットになります。

抱っこ紐の場合は、荷物をおく場所などがないため、全ての荷物を自分で持たなければないことも、ママの背中・腰・首・肩とあらゆるとこに負荷がかかってしまい、大きな負担になってしまいます。

ママへの身体の負担も考慮し、基本的には車で移動して買い物中のみ抱っこ紐を利用するなど、場面によって使いわけることが大切です

ベビーカーのメリットとデメリットとは?

次に、ベビーカーを利用するメリットとデメリットについても考えてみましょう。

なんといっても、抱っこ紐に比べてベビーカーは、ママの身体への負担はとても少なくなります。

目的地までの距離が長く、車などを利用できない場合は、基本的にベビーカーでの移動を検討しましょう

また、ベビーカーには赤ちゃんが座っている下に荷物をおくことができるスペースが用意されていることが多いため、お買い物をした荷物を入れて帰ることもできます。

ベビーカーのハンドル部分につけられるフックなどもあり、軽いものであればそこに荷物をかけることもできるため、お出かけ中のママの大きな負担の軽減になります。

ただ、ベビーカーでのお出かけの場合、通路の狭さによって通れないとこも出てくるため、お買い物中は不便なことも多くあります。

実際、私もベビーカーで毎日お散歩をしていて、抱っこ紐であればささっと通れる道でも、ベビーカーだと不安がある道や、段差がある場所など、避けて遠回りをしなければならない場所が意外と多いことを実感しています。

また、ベビーカーを押している場合、両手をがふさがっているため、お買いもの中に買い物カゴを持つことがとても大変です。

片手に買い物カゴを持って、もう片方でベビーカーを操作するのはとても危険なため、どちらかというと、お買い物にベビーカーは不向きだと言えるでしょう。

まとめ

今回、抱っこ紐とベビーカー、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみて、実際に赤ちゃんにとってもママにとっても負担を最も軽くできる方法は、それぞれの場面によって上手に使い分けることであることがわかりました。

長距離の移動に向いているのはベビーカースーパーなどささっとお買い物ができる場合であれば抱っこ紐、などそれぞれの場面によって最も良い方法を選びましょう。

また、スーパーやショッピングモールなど、首がしっかりとすわった赤ちゃんであれば乗ることができるお買い物用のベビーカートを貸出ししてくれるところも多くあります。

お買い物カゴを置くこともでき、赤ちゃんを抱っこしておく必要もないため、抱っこ紐やベビーカーなど、大きなものを持ち歩く必要もなく、とても便利です。

どのような方法を利用するにしても、赤ちゃんとお出かけをすることはたくさんのことに気を遣うため、とても大変なことです。

もちろん、大変なことも多くありますが、外に出ることで普段赤ちゃんと日中二人でいるママにとっても良い気分転換になりますし、赤ちゃんにとっても良い刺激になります。

移動方法以外にも、ママと赤ちゃんの負担を少なくするために、お店が混雑している時間帯を避けてお出かけをし、短時間でお買い物を済ませるなど、ママと赤ちゃんが楽しくお出かけができるように工夫をしましょう。

もちろん、大きな買い物などは、ネットショッピングを使ったり荷物を持つことができるパパと一緒にお出かけできるタイミングを待つなど、絶対に無理をしないようにしてください

赤ちゃんとママが、大変なお買い物も含めて、毎日楽しく笑顔で過ごせますよう、応援しています。