お中元が過ぎたらどうする?大丈夫!「のし」の表書きを変えればOK

お中元が過ぎたらもう贈ってはダメ?

初夏の頃になると、気になり始めるのがお中元です。
毎年、お中元コーナーで「何を贈ろうか・・・。」と悩んでしまいますよね。
「時間がある時に贈ろう。」そう思っているうちに贈るタイミングを逃してしまうことがあるかもしれません。

実は、お中元には贈る期間があります。

でも、それをきちんとわかっていないと「贈りそびれてしまった!」なんて、慌ててしまうかもしれません。

でも、ご安心ください。
もし、お中元の期間が過ぎてしまっても大丈夫です!

「のし」の表書きを変えるだけで相手に失礼なく贈ることができますよ!!

この記事では「お中元の期間が過ぎてしまった!!」の対処法をご紹介します!!
もし、お中元の期間に間に合わなくなってしまってもぜひ、お世話になった方に感謝の気持ちを届けてくださいね!

今更聞けないお中元の期間とは?

お中元は、日本のしきたりのひとつです。
日頃からお世話になっている人に感謝の意味も込めて贈ります。
感謝の気持ちを「ギフト」という形で贈ることが定番となっていますね。

お中元ってどうやら日本独特の風習のようです。
日本人の人柄が、このような文化を根付かせていったのかもしれませんね。

お中元は、贈る期間があります。

お中元を贈る期間は
7月初旬から8月15日頃までです。

ずいぶん長い期間だと思いますよね。
でも、これには理由があるのです。

実は、地域によってお中元を贈る期間が違うのですね。
私は関東地方の人間です。関東地方では7月初旬から7月中旬までに贈る期間となっています。
もしあなたが、違う地域に住んでいる人だったら驚いているかもしれませんね。

ここで、地域別にお中元の期間をご紹介しますね。
知っていると、贈るタイミングがわかって便利だと思いますよ!

【北海道】
7月中旬~8月15日

 

【東北・関東】
7月初旬から7月15日

 

【北陸】
7月初旬~7月15日
又は、
7月中旬~8月15日
※地域によって違います。都市部などでは関東と同じ期間に贈ることが多いようです。

 

【東海・関西・中国・四国】
7月15日~8月15日

 

【九州】
8月1日~8月15日

 

【沖縄】
旧暦の7月15日まで
※他の地域と違って旧暦で期間が決まります。毎年違うので確認してから贈ると安心ですね。

このように、相手の住んでいる地域でだいぶ期間が違います。
贈る時は、その期間に届くようにすると相手にも、より一層気持ちが伝わると思います。

お中元の期間が過ぎちゃった!こんな時の対処法!

うっかりお中元を贈り忘れていた。
贈っていない人からお中元が届いた。
こんな時は、慌ててしまうかもしれません。

お中元の期間が過ぎてしまったのにお中元を贈ってもいいのでしょうか?

それは、やっぱりやめた方がいいと思います。

相手にも失礼にあたります。

では、どうしたいいのでしょう?

お中元の期間が過ぎてしまったら「のし」の表書きを変えて贈ると大丈夫ですよ!

「のし」はギフトに添える飾り物です。
お中元やお歳暮、お年賀などギフトを贈る時には必ず「のし」をつけます。

その「のし」の表書きを

「暑中見舞い」

又は、

「残暑見舞い」

と変えることで、遅くなってしまったお中元も贈ることができるのです。

こちらも時期や期間がありますので気をつけたいところです。
各地域のお中元の期間と照らし合わせながら確認するといいですね。

【暑中見舞い】

期間:暦の小夏~立秋前日まで

小夏(7月7日頃)から立秋前日(8月7日頃)が「暑中見舞い」の期間となります。
毎年、日にちが変わりますので必ず確認しましょう。
多少の前後は「暑中見舞い」でも大丈夫とされていますが、お盆明けは「残暑見舞い」となります。相手方に届く日付に、気をつけてくださいね

【残暑見舞い】

期間:暦の立秋~8月末頃

立秋(8月8日頃)からは「残暑見舞い」となります。
8月末までに届くのが理想的です。
遅くても「処暑の候(9月7日頃)」までに贈りましょう。

もし、「残暑見舞い」も期間が過ぎてしまったら・・・。

そんな時は、12月の「お歳暮」に切り替えて考えてみるのもひとつの案です。
だいぶ先になってしまうので、相手から「お中元」を頂いているのならお礼状を出すと相手にも失礼がないと思います。

それでもやっぱり、贈答品を頂いたままでは気がかりかもしれませんね。
そんな心配がある時や、どうしても贈り物をしたい場合はどうしたらいいのでしょう?

この場合は、
「のし」の表書きを「御礼」として季節に関係のない贈答品を贈ることをおススメします。

お付き合いは大切にしたいものです。
どのような形であれ、相手にお世話になっている気持ちや感謝の気持ちを伝えるとこちらとしても安心ですよね!!

まとめ

「お中元」は、地域によって贈る期間が異なります。

万が一、その期間が過ぎてしまっても贈答品の「のし」の表書きを変えることで贈答品を贈ることができます。

お世話になっている方に日頃の感謝の気持ちをお伝えするその気持ち。

それが大切なのではないのでしょうか?