あなたの防災リュックの中身は大丈夫?女性に必須なアイテム忘れてませんか?

防災リュックの中身って?女性に必要なアイテムとは!?

近年、私たちの住む地球では自然災害が増えているように感じます。
自分の安全は、自分で守らなくてはなりません。

今、自然災害が起きたら?
あなたはすぐに身を守る行動ができるでしょうか?
「もしもの時」は、突然やって来ます。

「もしもの時」で必要なもの。それは

「防災アイテム」です。

これがあるか、ないかで災害時の生活が大きく変わります。
特に女性は、男性よりもデリケートな問題もあります。

この記事では、女性にとって災害時に必要な防災アイテムをご紹介します!!
日頃から備えておけば安心ですね!

災害時、避難所で女性が困ることって知ってますか?

あなたは普段から「防災リュック」を準備していますか?

私たちの防災に対する考え方もだいぶ変化してきました。
「防災リュック」は、日ごろから準備しておく。
その考えも、だいぶ定着してきましたよね。

気になるのが、「防災リュック」の中身です。

ネットで検索すると、必要な防災アイテムを調べることができますね。
でも、よく見てみるとその防災アイテムは「一般的」なリストだったりします。

そうなんです。
私たち女性にとって、本当に必要なものがリストアップされていないんです。
女性は男性よりもデリケートな問題がたくさんあります。

「見られたくない」
「知られたくない」

そんなデリケートな部分を含めて防災アイテムのリストアップが必要になってきます。

実際に、女性が避難所で苦労したことが何だかわかりますか?

それは、「着替え」なんです。

「えっ!?」と思いませんか?

避難所では、様々な方法でプライベートも考慮されたスペースを提供してくれています。
ただし、仕方がないことですが完全に他の人と遮断されるわけではありません。
いざ、着替えがしたいと思ってもなかなか落ち着いて着替えが出来ないのが実情なのです。
また、下着を洗濯できたとしても人目に付くところで下着を干すのもなんだか抵抗があります。

毎日、当たり前のように行っている作業が避難先では難しくなってしまう現実がそこにはあります。

着替えに関することで言えば災害が起きた時間も大きく関わってきます。
就寝中やそれに近い時間帯に災害が起きてしまった時です。
そのままの格好で避難したために「ブラジャー」を着けていなかったというケースがあります。
異性の視線が気になったり、痴漢などの被害の可能性もあります。
そんな状況を防ぐためにもカップ付きキャミソールを1枚入れておけば安心です!!

デリケートな問題で言うと女性は「生理」も大きな問題になってきます。
避難所に物資が届くのは、災害発生から3日後と言われています。
もし、生理中に災害が起きてしまったら。
そう考えると、生理用品も必要なアイテムです。
最低でも、1周期分の生理用品があれば乗り越えることができます。

このように、女性ならではの問題があるのがわかります。
「防災リュック」の中身は女性の視点から準備しておくと「もしもの時」も安心して過ごせるはずです。

女性にマストな「防災リュック」の中身はこれだ!

女性の視点から災害時に必要なアイテムをリストアップしてみましょう!!

基本の防災アイテム

・水(2L/空いたペットボトルは給水用に使用可)
・給水バック
・非常食(レトルト食品・缶詰など)
・懐中電灯(電池・ソーラー発電両用)
・ラジオ(手動式)
・防災手袋(軍手はガラス片など危険です。)
・マスク
・防寒具
・タオル
・現金(小銭)
・運転免許証
・保険証
・救急セット
・常備薬/処方薬
・簡易トイレ
・水溶性ティッシュペーパー
・除菌シート
・口腔ケア(歯ブラシ/マウスウォッシュ)
・ライター
・十徳ナイフ
・ビニール袋(黒色もあると便利)
・ラップ
・使い捨て割りばし/先割れスプーン

これらが最低でも揃っていると安心な防災アイテムです。
貴重品は防水、防火仕様の袋に入れておくと安心ですね。
次に女性におススメのアイテムをご紹介します。

女性におススメアイテム

・生理用品(1周期分)
・パンティーライナー(着替えが出来ない時にあると便利です。)
・使い捨てパンティー(あれば)
・スキンケア用品
・ボディーシート
・ドライシャンプー
・ナッツやドライフルーツなど(食べるとホッとしますよね。)
・栄養補助食品(食欲がない時に)
・カップ付きキャミソール
・ブランケット(防寒や目隠しに使えます。)
・靴下
・アロマなどの香料(リラックスできますね。ただし、他の人の迷惑にならないよう注意も必要です。)

これらのアイテムを防災リュックに入れて準備しておけば「もしもの時」も安心ですよね。

続いて普段から持ち歩いておくと便利なアイテムをご紹介します。
防災リュックは基本、家に置いてあるものです。
出勤中などに災害にあった場合はそのまま避難所に向かうことになってしまうかもしれません。
なので、普段から最低限の防災アイテムを持ち歩くことをおススメします。

普段から持ち歩くアイテム
・モバイルバッテリー
(普段からフル充電しておきましょう。)
・携帯用懐中電灯
・防犯ブザー
・ホイッスル
・小銭

ポーチにまとめて入れておくと便利ですね。

今は、女性に必要なアイテムが揃っている防災リュックを購入することができます!
もし、何を揃えたらいいのか分からない場合は、このような商品を購入するのもひとつの案ですね。

まとめ

如何でしたか?
もし、自分が被災してしまっても普段から必要なアイテムを備えておけばこれだけで安心材料になります。
既に防災リュックを用意している方、これを機にもう一度中身を確認してみてもいいかもしれませんね。
慣れない避難生活の中でも、少しでも心地よく過ごせるための防災リュックにしたいですね!!