手帳1冊で人生が変わる!?『時間』を『見える化』する手帳活用術とは!

時間を有効活用する秘訣は“手帳”にアリ!!

気が付けば1日があっという間に
終わっている。
そんな事はありませんか?

しかも、

やらなくてはいけないことが
何日もそのまま。

これでは、いつでも時間に追われて
いる気がしてしまいますよね。

時間をうまく有効活用するには

計画性

が大切です。

“計画性”を効率化するために
必要なアイテム、

それは

1冊の手帳

です。

人生1度きり。時間に振り回される
なんてもったいない!!

この記事では、
時間を上手に使うための
“手帳”の使い方をご紹介します!

“手帳”を上手に活用して
時間を有効活用しませんか?

手帳1冊で人生が変わるかも!?その効果とは?

“1日が24時間では足りない!”
毎日、慌ただしく過ごしていると
こんなことを思ってしまいますよね。

“映画を観たいのに行く時間がない”
“やらなくてはいけないことが、
どんどん後回し“

“ない・ない・ない!”

私たちは、ほとんどの時間を
思い通りに使えていないような
気がします。

でも、

“時間がない”は都合のいい、
言い訳なんですよね。

う~ん。耳が痛い。
正直、そんな事は、分かっている。

“ない・ない・ない”

と思っているのならそれは、
“時間を上手に使いこなせていない”
からなのではないでしょうか?

時間は、誰にも平等に流れています。
ということは、私たちの人生は、
時間によって左右されていると言っても
いいのかもしれませんね。

この時間をもっと上手に使いこなすには
どうしたらいいのでしょうか?

それは、

“人生を計画すること”

です。

そして、その計画を

“目に見える状態にすること”

です。

その“計画”と“見える化”をするために
必要なアイテムが“1冊の手帳”なんです。

あなたにとって、
時間は無限にあるものでしょうか?

“時間は限りあるもの”
ですよね。

その時間を、有効につかえるか?
そうでないか?で、あなたの人生も、
だいぶ変わってくるはずです。

では、実際、
手帳を持つこと(書くこと)で、
どんな効果があるのでしょうか?

・行動しなくてはいけないことが
 はっきり分かる。

・自分のやりたいことが、まとまる。

・計画を立てることで、実行できる。

・24時間が一目で分かる。

実は、手帳は人との約束や行事ごとを
書くだけが目的ではありません。

自分の

・やりたいこと

・やらなくてはいけないこと

・気になっていること

・調べること

など、全ての行動を書くことで
自分の人生のプランを把握することが
できるんです!

そして、行動し達成することで
“自分の人生が充実している”
と満足することができますね。
自己満足度が上がれば、
気持ちもハッピーですよね!

だからこそ、

“1冊の手帳”は人生を計画する上で
大切なアイテムなんですね!!

時間が有効活用できる手帳の使い方とは?

あなたの限られた時間を有効活用
するために、さっそくお気に入りの
手帳選びから始めてみましょう!!

《使いやすい手帳の選び方》

・手帳は1冊のみ
1日の情報を、1度で見渡せるように
手帳は1冊だけ持つようにすることが
ポイントです。

仕事も子どもの予定、プライベートも
全ての情報を一元化することで
スムーズな行動につながります。

・手帳は常に持ち歩く
予定や、やるべきことが明確に
なった時点で、すぐに手帳に
記入しましょう。
電話番号なども、そのリスト内に
記入します。
一目で分かることで、時短に
つながります。

・時間軸のある手帳がおススメ
24時間の予定を管理するには、
時間軸のある“バーチカル手帳”
おススメです。時間軸は“たて書き”“30分刻み”
が使いやすいです。手帳の大きさは、持ち歩くことを
考えると、プライベートバッグに
入る大きさがいいですね!
使いやすさも手帳を続ける秘訣ですね。

・時間は30分単位で考える
30分をひと枠としてリストを管理
すると予定を組みやすいです。

 

8:00   家事
8:30
9:00   出勤
9:30   仕事
10:00   |書類提出 □
10:30   |
11:00   |
11:30   |
12:00   |
12:30   帰宅
13:00   昼食

 

このように、30分軸で計画を立て
ると、パッと一目で分かります。
時間ごとに、計画することで
時間を意識して行動するように
なりますよね。

 

スゲジュール内には

“書類提出”

などのTo Doリストも記入すると、
忘れる心配もありませんね。

作業が完了したら、□にレ点でチェック
しましょう。

 

チェックボックスを使うことで
リストが実行できたか把握できます。
実行できなかった場合は改めて計画を
立て、すぐに手帳に書き込むように
しましょう!

 

次の計画を立てることで
この後の時間の使い方も
柔軟に対応することができます。

・色分けで分かりやすく
私は手帳に、黒・赤・青の3色を
使って記入しています。

 

黒:プライベート
赤:仕事
青:子どもの行事、習い事

 

このように、色分けをすることで
何に対するリストなのかが簡単に
分かります。

・夢や、やりたいことを書く!
手帳の使い道は、スケージュール管理
だけではありません。

 

・○○展覧会 □
・メガネを新調 □
・木曜日はヨガ □

 

など、自分がやりたいことを
記入してみましょう!!

 

はっきりした計画を立てていなくても
とりあえず、できたらいいかな~。
くらいの気持ちで記入してみましょう。

その月の余白など、目につくところに
書いてみてくださいね。

 

不思議なもので、記入することで
そのリストを実行しようと時間を
計画しようと考え始めたりします。

 

資格取得など、夢がある場合も
スケージュール内に段取りを
管理することで、スムーズに行動に
移すことができます。

夢を実現する1歩を踏み出す
キッカケになりますね!!

まとめ

手帳は、単に予定を書き込むものでは
ありません。

手帳は、時間を有効活用するための
アイテムです。

そして、あなたの人生を豊かにしてくれる
アイテムです。

時間は、皆に与えられた有限な資源です。
その資源をぜひ、手帳で上手に使って
あなたの人生を輝かせてくださいね!!