家事が超簡単になる効率化アイデアをご紹介!ヒントは「わざわざ」

家事効率化のキーワードは「わざわざ」

掃除・洗濯・調理・買い物。
家事って毎日ちゃんとしていますか?

生活している以上、家事は必ず必要ですが、
「家事って本当にめんどくさい」
「毎日同じことの繰り返し」
「でも放置してたらやることがどんどん膨らんで収拾がつかなくなる」
「もっと効率よくできないかしら」
そう思うことも多いですよね。

家事は生活していく上で必要なことですが、わかってはいるけど面倒だなと思ってしまうものです。
疲れて家に帰ってみたら台所に洗ってない食器が山のようにある。そんな時は見なかった振りをして、明日洗おうと先延ばしにしたくなりますよね。

仕事や育児をしていたら、家事に費やす時間も限りがありますからね。

そうはいっても家事はしないと生活はできない。どうせするなら、もっと楽にもっと簡単にもっと効率よくしたいもの。なんなら楽しく家事ができるぐらいになれたらいいですよね。

そんなあなたのために、この記事では家事を効率化するためのアイデアをご紹介したいと思います。

まず、家事を効率化するため是非知っておいてほしい大切なキーワードがあります。

そのキーワードとは

わざわざ

です。

「わざわざ」していることを省いてみよう

このわざわざが家事の効率化のヒントになるのです。

例えば掃除機をかけようとします。収納棚から掃除機の箱を出してきてそこから掃除機を取り出し、組み立て、コンセントを伸ばして・・・。掃除をかけるのにわざわざしなければいけないことがいくつもありますよね。

他にも掃除で言えば、ごみが落ちていることに気が付く。でも捨てるにはごみ箱が近くにない。わざわざ捨てに行かなければならない。

料理をしようとする。あの鍋がいるな、あのお皿があったらいいな。でも棚の奥にあるから、手前のものをわざわざ出さないといけない。

フキンやタオルを替えたい、けど別の部屋にある収納棚に入れてあるから、わざわざ取りに行かないといけない。

トイレットペーパーがなくなりそう。ラップがない。シャンプーがない。ないものをわざわざ買いに行かなければならない。

これらのように「わざわざ」があることが、家事をより面倒にさせている要因となっているのです。効率も悪くなってしまいます。

つまり効率よくするためにはわざわざすることを限りなく排除するということが必要なんです。

上の例で言うと、

掃除機はリビングの隅にでも置いておいていつでも使える状態にしておく。またコードレスタイプの掃除機にする。(ちょっと値段は張りますが)

ごみ箱は自宅内、部屋などに複数箇所に置いておく

調理器具は使い勝手のいい圧力鍋を重点的に使う(使ったことない方は最初は不慣れですが、かなり万能です。時短にもなります)、食器はワンプレートにする。

普段必要なものは、必要になる場所の近くに収納する。

日用品のストックは常に用意しておく。

これらで「わざわざ」するということがかなり減るわけです。つまり効率よく家事ができるということに繋がります。また「面倒だ」という気持ちも小さくすることができます。

このわざわざするをいかになくしていくかで、効率化が進むわけです。

うちも家事の効率化実践してみました

実は上記に上げているのは、実際にうちで実践していることなんです。

私自身もともと家事はそんなに嫌いではなかったんです。動き出したらわりとパパってやってしまうのですが、準備をするのがものすごく苦手なんです。それが嫌で億劫になってました。

・掃除出すのが面倒だな。

・ゴミ箱まで捨てに行くのが面倒だ。

・いろんな調理器具を出しては洗ってが面倒だな。

・切らしてしまったものを買いに行くのが面倒だな。

そして、この面倒に感じていることを減らせないものかと考えました。その時ふと思ったのが「わざわざ」していることが多いかも。この「わざわざ」を極力減らしていけば効率よくなるんじゃないか?

そして、実際に減らしてみた結果、効率よく家事ができるよになったんです。

・掃除機かけよう。そう思った3秒後には掃除機をかけられる。

・ゴミが落ちてる。バスケのシュートのようなことをしなくても、届く範囲にゴミ箱がある。

・トイレットペーパーが少ない。ラップがない。でも大量にストックがあるから安心。

・たくさんの調理器具を使って料理するのが面倒だったけど圧力鍋一つで簡単に料理ができてしまう。

効率よく家事ができると億劫さがなくなる分、後回しにすることもありません。時短にもなってます
こうして我が家では家事に負担をかけずに、でも、やるべき家事はしっかりやれているようになりました。

まとめ

家事が効率よくできないか?もしそう考えていたら、是非「わざわざ」していることをリストアップしてみて下さい。リストアップできたら、できる範囲でその「わざわざ」をカットしていきましょう。

家事を効率化するためのアイデアとしてあれこれ新たなことを考えるのではなく、今やっていることで必要ないものを省く。つまり引き算することがポイントなのです

「わざわざ」していることをなくす。

これが家事効率化に繋がるのです。