【保存版】ソーシャルワーカーおススメの『使える子育て助成』厳選8つを解説!

子育ての助成について

子育てで不安要因の一つに
費用の問題があります。

出産や育児には結構お金がかかります。
しかし、
自分は働きに出られない。
親や身内に援助してもらえない。
旦那の給料だけでは今後が不安。

そんなあなたに朗報です!!
今は国や県、市などでいろいろな助成を
しています。
不安解消!!
ということで少し紹介していきたいと思います。

【妊婦検診の助成】

妊婦検診は妊娠していれば必ず
行かなければなりません。

10か月で約14回ぐらい行くことになります。
その回数分が無料~5000円にります。

普通であれば大体1万円ぐらいします。
これは助かりますね。

市によっては妊婦10割給付というものが
あります。
これは妊娠中~産後一か月まで
医療費が無料になるものです。

歯医者さんでも使えるので
妊娠中に虫歯の治療も無償でできて
お腹の赤ちゃんにもいいですね。

この助成は
里帰り出産の方などは受けれなかったり
後日返金ということもあるので
市町村に聞いてみてください。

【出産育児一時金】

健康保険に加入している人が
妊娠4か月以上で出産した場合に
赤ちゃん一人につき42万円
出産一時金がもらえます。

出産前に「直接支払方」を選択していれば
出産一時金が直接病院に支払われます。

その中で足りなかった分を支払い、
多かった場合は自分のもとに返金されます。

最初から大金を用意しておく必要がなくて
助かりますね。

もしパートや勤務先の健康保険や雇用保険に
加入していれば出産手当金や育児休業給付金
などがもらえるかもしれないです。
そこは企業に聞いてみましょう。

【子ども手当】

助成金や手当と聞けば一番に思い浮かぶ
のはこれかもしれませんね。

子ども手当は生まれてから中学卒業まで
一定の金額がもらえる制度です。

・0歳~3歳未満:月額15000円
・3歳~小学校卒業まで:月額10000円(第1・2子)
・3歳~小学校卒業まで:月額15000円(第3子以降)
・中学生:月額10000円

※ただし高所得世帯(約960万円以上の家庭)
は5000円

所得制限はあるにしても
ありがたいですよね。

このお金を学資保険に加入してみたり、
貯金してみたり、学校用品に使ってみたり
してもいいですね。

【子ども医療助成制度】

子どもは病気してみたり、
いろんなケガをよくしてきます。

保育園・幼稚園・学校に通ていたりすると
いろいろと貰ってきますよね。

病院とはお友達になれるくらい
通うことになります。

そうなるとかかってくるのは医療費です。

一回が小さくても積もってくればかなりの
金額になっていきますね。

子ども医療助成制度は
この医療費を無償にしてくれる制度です。
保険証を提示するところでは使えます。
(歯医者や薬局などでも使えます。)

注意する点では
支給された認定証は支給された県でしか
使えません。

なので他県では10割払い、後から市役所で
払い戻ししてもらわなければなりません。

その時には診察した病院や薬局の領収書
必要になるので無くさずにとっておきましょう。

認定を受けるにあたって
所得制限がある県がほとんどですが、
中には所得制限がない所もあるので
申請するときは役所の説明を
きちんと聞きましょう。

【幼児教育・保育の無償化】

共働きの家庭では必要不可欠の保育園・幼稚園。
この保育料が無償になる制度です。

これは認可外保育サービスや幼稚園、
認定こども園が対象です。

・0歳~2歳:住民性非課税世帯が無償
上限42000円まで

・3歳~5歳:全世帯が無償
上限37000円まで

上限がありますが、大抵の家庭で無償に
なります。

ただし、
これはあくまでも保育利用料だけなので
PTA会費や教材費などは含まれませ

なので、そういった雑費は保育園・幼稚園に
支払わなければなりません。

これはその園によって違うので
入れたい園で説明を受けましょう。

【住宅補助】

子供を育てるにあたって
アパートなどでは手狭になったりしますよね。

そうなれば住宅を建てたり買ったり建て替えたり…
そうなるとまた出費がかさみますね。

自治体や銀行によっては
子育て世帯にやさしい住宅補助があったりします。

金利が低くなったり、ローンが組みやすくなったり…

これは役所やローンを組みたい銀行に聞きに行くか
HPを見てみてください。


ここまでは全国的に実施している助成制度を中心に
紹介しました。

参考までに
私がいままでに受けてきた助成制度を
紹介したいと思います。

【予防接種の無償化】

子どもは結構の数の予防接種が必要です
国で決められているものもありますが、

任意でするインフルエンザワクチンなどもあります。

国で決められている定期接種は無料で受けれます。

しかし、インフルエンザやおたふくなどの任意接種は
実費になります。

自分と旦那と子供の接種となるとかなりの出費になりますね。
しかも、一年に二回接種しないといけないのでなおさらですね。

私が今住んでいる地域では
中学生まではインフルエンザも全額助成してもらえます。

おたふくも7歳までは無償で受けることができます。
このご時世すごく助かりました。

【子育てサポート券】

私は下の子供が6か月の時に今のところに
引っ越してきました。

この地域では子供が1歳になるまで
月3000円の子育てサポート券というものがもらえます。

もちろん、引っ越ししてきて新しく住民になった人も
対象になるようです。

これは提携しているお店で
子供用品が買える商品券のようなものです。

大型のショッピングモールや専門店でも使えたので
とても便利でした。

まとめ

いかがでしたか?
子育てにはいろいろとかかるものです。
いくら節約していても
削れないものもありますし
大体が消耗品なので結構いたいですよね。

そう感じたら自分の住んでいる地域では
どのような支援や助成があるのか
調べてみるのもいいかもしれません。

自分も対象なのに知らなかった。
なんてものもあるかもしれません。

費用について不安になりましたら
またこの記事を参考にしてみて下さい。