子供の朝ご飯に悩む…作り置き・簡単・時短な食材ビッグ5がお助け!

これがあれば大丈夫!作り置きも!?子供の簡単ご飯5選

献立考えるのって大変じゃないですか?

毎日の朝ご食と夜ご食だけでも大変なのに、

春休みや冬休みとなると、そこにお昼ご飯もプラス・・・

毎食違うものを用意するのも大変。

でも子供にはきちんとご飯を食べさせなきゃ・・・

そこで、今回は春休みや冬休みなどの子どもの長期休みにあると便利な5つの食材をご紹介します。

その5つの食材とは、

①焼きおにぎり
②食パン
③乾麺
④ホットケーキミックス
⑤フルーツ

です。

この5つがあれば簡単に朝ご飯やお昼ご飯が用意できちゃうんです!

是非参考にしてみてください。

作り置き?冷凍?時短?子供のご飯に迷ったらコレ!

えっと・・・こと5つの食材だけ?
なんだかザックリしているような・・・?

ご安心ください。
レシピやアレンジ方法も合わせてご紹介していきます。

①焼きおにぎり
これは、多めに作って冷凍保存しておくと便利です。

<材料> 小さめサイズ10個分
★ごはん 600g程度
●しょうゆ 大さじ2
●だしの素 小さじ1
●みりん 小さじ1
●ゴマ油 小さじ1~2

<作り方>
1.●の調味料を全てボウルに入れて混ぜ合わせる
2.1.の調味料にご飯を入れムラができないようによく混ぜる
3.おにぎりを握る(焼くときに崩れないように少し固めに握ります)
4.フライパンで両面を焼く

以上です。

焼き終わったものを冷凍保存しておけば、食べたいときに電子レンジで温めれば食べられます。

 

②食パン
これは、買ってきたものをそのまま冷凍庫に保存するだけでOKです。
食べるときにそのままトースターで焼いても良いし、具材とチーズをのせて焼けばあっという間にピザトーストの出来上がり。

先に具材とチーズをのせた状態にしてから冷凍しておくのもアリです。
食パンって結構賞味期限が早いんですよね。

我が家の場合、朝食でパンを食べるのは娘だけなので、買ってきた日に冷凍するようにしています。
食パンは冷凍しておくことで「消費しなきゃ!」と無理して毎日食べる必要もなくなるのでおすすめです。

 

③乾麺
そば、うどん、パスタなどの乾麺です。
子供って、麺好きな子多いですよね?

そばとうどんに関しては本当に茹でれば完成なので時短で簡単なのが嬉しいポイントです。

のり、ゴマ、食べるラー油、しょうが、ネギ、みょうが、揚げ玉などのトッピングを用意して、お好みでどうぞスタイルにすると大人も子供もおいしく食べられます。

パスタも、今は混ぜるだけのソースもいろんな種類がありますし、おいしいものも多いので日替わりで食べ比べしても飽きません。

一人前ずつ違う味のものを用意することができるので兄弟や親子で好みが合わなくても問題なし。
乾麺を常備しておくのはとても便利ですよ。

 

④ホットケーキミックス
子供が飽きずに食べてくれるメニューのひとつですね。
ホットケーキミックスに卵と牛乳を混ぜて焼くだけ!
パンケーキの完成です。

とても簡単にできるので火を使えるくらいの年齢ならお子さんが自分で作ってみるのもいいかもしれません。
火を使えなくても卵を割ったり混ぜたり、できることを一緒にやると子供は喜びます

私の娘は休みの日だと朝ダラダラしたがるのですが、
「朝ご飯パンケーキにしようか!」
と誘うと飛び起きます(笑)

 

⑤フルーツ
お子さんの好みのフルーツで良いと思いますが、これはもう切るだけです。
切ったものを保存袋にいれて冷凍しておいてもOK
冷凍フルーツにしてヨーグルトやパンケーキにトッピングしてもいいですよね。

私の娘は朝、食欲がないとき
「キウイ1個+飲むヨーグルトだけ」
なんてときもあります。

フルーツには色々な栄養が含まれているし消化も早いので小さなお子さんにもおすすめです。

牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかければスムージーもできちゃいます。

春休み・冬休み・夏休み、子どものお昼ご飯に悩むなら…

お昼ご飯、普段なら自分の分だけ適当に済ませちゃうのに、子供の春休みや冬休みとなるとそういう訳にもいきません。

作るだけじゃなくて洗い物や片付けも・・・

お昼ご飯を食べ終わったら
「夜ご飯何にしようかな?」と、
なんだか一日中ご飯のことを考えている気分・・・

子供の栄養面も考えるとカップ麺やインスタント食品に頼りすぎるのもどうなのかな、と悩む気持ちもわかります。

でも、栄養面は一食分ではなく1日、1週間単位で考えてみてはどうでしょうか?

「少し栄養が偏っちゃたな」
という日があったら次の日、次の週に調整すれば大丈夫。

大人でも食べたくなるときがあるし、簡単でおいしい、洗い物も出ないなんて最高です!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、簡単に朝ご飯やお昼ご飯が用意できる5つの食材と、
子供の春休みや冬休み中のお昼ご飯の準備についてお話しました。

毎食手の込んだものは作れないし楽をしたいときがあって当然。

親子の健康のために笑顔でいることはとても大切です。

手抜き、時短、冷凍保存をうまく使って、家族が笑顔で過ごす時間を増やすことができたら良いですね。